松阪牛よいしょブログ

松阪牛と特産松阪牛の定義、および松阪牛協議会について説明しています。松阪牛の美味しさの基準は、その香りと脂肪にあります。

RSS 2.0

松阪牛を使ったレシピ

ここでは松坂牛を使ったすき焼きの作り方をご紹介しています。

材料は4人分で、松阪牛ロース400-600g、青ネギ200g、焼き豆腐1個、生シイタケ8個、きのこ一袋、春菊一束、玉ねぎ1,2個、人参1本、ごぼう1本、しらたき一袋、焼き麩4個です。

このように野菜ですが、季節の野菜、緑黄色野菜を入れるにしましょう。

すき焼きはバランスよく色々な食材を入れることができる便利なメニューです。

松阪牛の動物性タンパク質、焼き豆腐や麩などの植物性タンパク質、そして野菜などです。

もし和え物や酢の物を作って組み合わせるなら、完全栄養食になるでしょう。

主食はご飯にすると、食も進みます。

そしてすき焼きの調味料ですが、醤油100cc,砂糖60g,だし汁、卵です。

まず鍋を熱し、脂をとかし、肉を広げておきます。

肉の色が変わりはじめたら、砂糖をふりかけ、そして醤油も加えます。

このときの注意として、火を通し過ぎないようにしましょう。

そうすると収縮し硬くなり、美味しくなくなってしまうからです。

次に野菜を入れますが、くずれやすいものは後から入れて、人参やたまねぎなど時間がかかるものから入れていきます。

しらたきやこんにゃくを入れる場合、先にゆでてあく抜きをするか、肉から離して煮込むかしましょう。

なぜならしらたきに入っているカルシウムが肉を硬くしたり、色を悪くしたりするからです。

以上の点に注意して、野菜に火が通り、味がしみこんだら、溶き卵につけて食べましょう。

OFF
blogger