松阪牛よいしょブログ

松阪牛と特産松阪牛の定義、および松阪牛協議会について説明しています。松阪牛の美味しさの基準は、その香りと脂肪にあります。

RSS 2.0

松阪牛の歴史について

江戸時代は、農作業に機械ではなく牛を使っていました。

メスの子牛が農耕用に調教されて、よく働く役牛に成長した後、松阪地方に入ってきました。

この地方ではこれらの牛を「新牛」と呼び、大切に飼われていました。

新牛は、おとなしくしかも働き者で、当時は家族の一員のような扱いを受けていたようです。

それから明治時代になり、外国人が入ってきて、牛肉を食べる文化が持ち込まれ、農耕用の牛が食用に用いられるようになったようです。

まず農耕に3,4年使い、野上がり牛を一年間肥育し「太牛(ふというし)」として育て、供給していきました。

明治初期は、牛鍋という今でいうすき焼きが流行したようです。

松阪牛が全国に広まったきっかけは、山路徳三郎が、徒歩で牛と一緒に東京を目指したことでした。

これを「牛追い道中」といいます。

当時は、汽車も自動車もなかったので、徒歩しか方法がありませんでした。

この方法は明治30年まで続けられていたようです。

その時に、松阪牛の素晴らしさや価値を東京で広め、さらには全国に少しずつ認められていったようです。

今では世界のブランドとの呼ばれ、海外からも注目されています。

松阪牛はキメが細かく霜降りで、お箸でも切れるほどのお肉の柔らかさがあるので、「肉の芸術品」とも呼ばれています。

この芸術の素晴らしさを競い合うイベントもあり、年に一回開かれる「松阪肉牛共進会」では多くの生産農家が参加します。

優秀賞に輝くと高値でセリ落とされ、5000万円の値段が付いたこともあったようです。

OFF

Categories: 松阪牛の歴史

blogger